体験学習の様子


再生可能エネルギーを身近に体験できる福島空港メガソーラーでは、
環境学習の一環として、科学部などの研究対象として、さまざまな視察ツアーの一環として、
数多くの学校や団体の皆さんにご活用いただいています。
子どもたちがエネルギーに対してどんな関心を持ったか、体験の様子をお伝えします!

第27回:10月1日(木) 福島県立湖南高等学校

10月1日(木)午後は、福島県立湖南高校1年生の31名の皆さんが太陽光発電パネルの巡視点検を体験しました。

 

最初は緊張していた皆さんも、点検が始まると「汚れが見つかったら清掃はどうするのか?」、「パネルが割れてしまうときはどういう理由?」と積極的に質問しながら、巡視点検をしっかり行うことができました。

 

追尾式太陽光発電パネルは、真横に倒れていました。これも「なぜ?」と考え、強風で風をよけるために真横に倒れいているという気づきにつながりました。

 

再生可能エネルギーの体験・気づきは、天気により変わります。福島空港メガソーラーにまた来ると、また違う姿を見ることができます。その違いを見て、より再生可能エネルギーやその技術を身近に感じ、より詳しくなってもらえるとうれしいです。

29回体験画像1
29回体験画像2

29回体験画像3
29回体験画像4

ページトップ

福島空港メガソーラー

本ホームページの管理者
一般社団法人福島復興ソーラー・アグリ体験交流の会 〒975-0023 福島県南相馬市原町区泉字前向15
TEL:0244-26-5623 FAX:0244-26-5624